歯が白くなる食べ物を摂る

歯の白さと食べ物は関係があり、いつもの食事を変えるだけで歯を白くすることができます。
歯の表面のエナメル質が汚れたり傷ついたりすると歯が黄ばんで見えるので、エナメル質を守り、予防する食べ物を摂ることが大切です。
歯の汚れを落としてくれる食べ物を知って日頃から気を付けておきましょう。

【歯を白くする食べ物】

・リンゴ、イチゴ、トマト、梅など
歯に汚れをつかなくする「リンゴ酸」が配合されています。
・パパイヤ、キウイ、パイナップルなど
歯についている着色・汚れを取る効果のある「パパイン」が入っています。
・ごま
よく噛んで食べると歯垢の付着を防ぐ効果があります。
・ブロッコリー、鮭、人参など
「鉄」や「ビタミン系」など歯を強くする成分が配合されています。
・チーズ、ヨーグルトなど
歯のエナメル質を再生させる効果があります。

歯が黄色くなる食べ物を摂らない

濃い色の食べ物をよく食べる人は歯に着色がつきやすく、黄ばみやすいです。
着色になりやすい食べ物を紹介するので、摂り過ぎないように我慢しましょう。

【歯を黄色くする食べ物】

・コーヒー、紅茶、お茶
「ステイン」が入っており、汚れがつきやすいです。
コップの内側が汚れてくるように、歯にも着色が蓄積されやすいです。

・赤ワイン、ブルーベリー、ブドウ
含まれている「タンニン」は歯に着色しやすいのです。

・カレーやソースなど、色の濃いもの
色が濃かったり、着色料が多く使われているものは歯に汚れがつきやすいです。

・スポーツドリンク
エナメル質を弱めるほど酸が強く、歯に着色させやすくしてしまいます。

重曹を使う

重曹を普段使っている歯磨き粉の上にひとつまみかけて、そのまま磨くのが重曹歯磨きです。
歯は白くなりますが、研磨力が強すぎて歯を削ってしまうのでオススメできません。
重曹歯磨きに挑戦する場合は、毎日使用するのではなく1度使用したら2~3日間隔を空けるなどして調整しないと歯に与える刺激が強すぎてしまいます。
歯を白くするために削るのではなく、着色を浮かして除去する方法を使用しましょう。

電動歯ブラシを使う

電動歯ブラシは普通の歯磨きでは出来ない、高速振動や音波水流などで歯についた汚れを落としてくれます。
力強く磨いてしまうと歯を傷つけてしまう危険性があるので、優しい力で磨くようにしましょう。

【オススメ電動歯ブラシ紹介】

・フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ

ステイン除去の歯磨き粉を使う

歯磨き粉の中には着色を落としてくれる効果があるものも販売されているので、毎日磨くことで歯が白くなっていきます。
ドラッグストアで簡単に買えるものも多く、手に入りやすいので続けることもできますね。
しかし歯磨き粉には「研磨剤」が含まれているものが多く、歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
傷ついた歯は着色汚れがつきやすくなり、余計に黄ばんで見えるようになってしまいます。
歯磨き粉を使用する場合は、使用頻度を週に2回程度に抑え、力強く磨かないようにしましょう。

【ステイン除去効果のある歯磨き粉を紹介】

APAGARD(アパガード) プレミオ

ライオン ブリリアントモア

クリニカ エナメルパール ハミガキ ホワイトフローラルミント 130g

自宅で歯を白くするなら薬用ちゅらトゥースホワイトニングがベスト

歯磨きの代用、もしくは歯磨き後のスペシャルケアとして「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」がオススメです。
電動歯ブラシや歯磨き粉は歯を傷つける危険性がありましたが、薬用ちゅらトゥースホワイトニングには「研磨剤」が含まれていないのでその心配がありません。
歯ブラシにつけて軽くブラッシングするだけで、「PPAのアミノ酸高分子」が歯を傷つけずに表面の着色を浮かし除去してくれる効果があります。
歯に汚れをつきにくくする「リンゴ酸」も含まれているので、着色がつきにくい歯にしてくれるのです。
他にも歯茎を健康にしたり、口臭を防いだり、歯に嬉しい効果が期待できます。

歯を白くするための食べ物や歯磨き粉に注目

食べ物や歯磨き粉で歯の白さに大きな差がでます。
効果はすぐに出ないのでコツコツ続けていくことが大切です。
歯磨き粉や薬用ちゅらトゥースホワイトニングは歯を白くするだけでなく、虫歯や歯周病の予防もしてくれる多機能なアイテムなので、歯医者で行う本格的なホワイトニングをする前に自分で簡単にできる方法を試してみましょう。