ステイン除去できる歯磨き粉の成分と効果

ステインとはコーヒー・緑茶・ワイン・タバコなどが歯につく着色汚れのことをいいます。
歯が黄ばんで見えると印象が悪くなってしまうので、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用して毎日のケアが大切です。
効果はすぐには現れませんが、続けていくことで歯は白くなっていきます。
しかしステイン除去に効果的なものは「ポリリン酸ナトリウム」「ポリエチレングリコール」など強力な成分が配合されている場合が多いです。
歯や歯茎にダメージを与えすぎると虫歯や着色汚れの悪化につながるので、歯磨き粉選びに気をつけましょう。
オススメの歯磨き粉や選ぶポイントを紹介していくので見て下さい。

ステイン除去できる歯磨き粉選びのポイント

・研磨剤ではなく自然の成分で歯を白くする歯磨き粉を選ぶ
歯の着色汚れを落とすために研磨剤が入っている歯磨き粉が多いです。
しかし研磨剤が入っていると知らない間に歯を削っている危険性が高く、そのとき歯のエナメル質を剥がしてしまうと着色がつきやすくなったり、虫歯になる可能性が高くなってしまいます。
さらに歯茎まで傷をつけてしまうと歯周病になりやすくなるので、歯を強く磨くクセがあるなら研磨剤入りの歯磨き粉はオススメできません。
「ポリリン酸ナトリウム」「ラウロイルグルタミン酸ナトリウム」「ポリアスパラギン酸」など着色を浮かして除去する研磨剤不使用のタイプの歯磨き粉を選ぶようにしましょう。
自然成分が使われていると歯へのダメージも少なく、虫歯や歯周病の心配をすることもありません。

・虫歯になりにくい成分が入っている歯磨き粉を選ぶ
歯を白くする成分だけに注目するのではなく、虫歯や歯周病予防もしてくれる歯磨き粉を選びましょう。
効果的な成分は歯を強くしたり虫歯菌の活動を抑制する「フッ素」「GTO」や、殺菌作用のある「グリチルリチン酸モノアンモニウム」「IPMP」です。
虫歯や歯周病も歯を黄ばんで見せる原因になるので、事前に防ぐ必要があります。
口臭を抑えてくれる作用や、色んな効果を発揮してくれる歯磨き粉の方がいいですよね。

ステイン除去できるオススメ歯磨き粉ベスト3

薬用ちゅらトゥースホワイトニング
薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、歯の着色汚れを浮かして落とす「ポリアスパラギン酸」が含まれています。
それだけでなく、歯や歯茎を健康的にする「リンゴ酸」や「ビタミンC」、虫歯や口臭を予防する「GTO」も配合されています。
研磨剤不使用で歯を傷つけることもなく、ホワイトニング効果を感じることができるのです。
歯が白くなる効果があると厚生労働省が認めた「医薬部外品(※)」なのも、安心できるポイントですね。

(※)医薬品とまではいかないが、予防や改善の効果が認められているもの

オーラパール
オーラパールには9種類もの有効成分が配合されています。
それぞれ歯の白さ・健康な歯茎・口臭の予防など様々な効効果が期待できます。
特に「ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト」は歯をキレイにするだけでなく、表面をなめらかにして歯を丈夫にする働きがあり、健康な歯を目指せます。

ブラニカ
ブラニカは100%自然由来成分を使用しているホワイトニング歯磨きです。
ステイン除去率が80%もあり、毎日続けることで歯が白くなるのを実感できます。
他にも口臭や歯茎のケアまでしてくれます。

歯磨き粉選びは、多機能な物を選ぶべき

ステイン除去の効果だけがあるものを選んでも、虫歯や歯周病になると歯は悪くなってしまいます。
清潔感がなくなり、口臭が起こる原因にもなりますよね。
歯が白くなるのと同時に、虫歯や歯周病の予防ができる歯磨き粉を選びましょう。