歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみは「内側からの変色」と「表面の汚れ」が原因です。
歯は「象牙質」の上に「エナメル質」が覆いかぶさっている作りをしており、歯の表面にあるエナメル質は半透明で、内側にある象牙質の色を透かして見せています。
加齢や虫歯によって象牙質の色自体が黄色くなったり、エナメル質の表面が傷つき汚れることで、色素が着色し歯が黄ばんで見えるのです。
歯のエナメル質を汚す原因になる「食べ物・飲み物」「タバコ」「表面についた汚れ」について説明するので参考にして下さい。

「食べ物・飲み物」
色の濃い飲食物は着色しやすいです。
エナメル質の表面に色素がつき、蓄積されて濃くなっていくのです。
特に気を付けたい飲食物を紹介するので、ホワイトニング中はなるべく控えましょう。
<ポリフェノールが入っているもの>
赤ワイン・チョコレート・ぶどう・ココアなど
<タンニンやカテキンが入っているもの>
コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶など
<着色料が濃いもの>
カレー・キムチ・醤油・ソース・コーラ(ジュース系)など

「タバコ」
タバコのヤニは歯の表面に付着しやすく、歯の黄ばみを目立たせてしまいます。
悪化すると黄色というより茶色く見えることもあり、印象がとても悪いです。
タバコのヤニは口臭の原因にもなってしまいます。
さらに歯茎まで汚くしてしまうので清潔感も感じられないです。

「表面についた汚れ」
歯の表面はツルツルとしたエナメル質に覆われているので汚れがつきにくいのですが、歯磨きを一生懸命した結果、歯の表面が削れてしまい汚れが付着しやすい状態になってしまっている可能性があります。
歯磨き粉には汚れを落としやすくするために「研磨剤」という成分が含まれています。
しかし歯をゴシゴシ磨きすぎると、研磨剤によって歯の表面が削り取られ細かい傷がつき、その間に汚れが入り込みやすくなってしまっているのです。
歯の汚れを取ろうと歯磨き粉でよく磨けばいいという訳ではないのです。

こうして蓄積した汚れはどんどん頑固になり、歯磨きだけでは落ちない着色へと変わっていきます。
頑固な着色を取るための方法を紹介します。

歯の黄ばみを除去する方法

歯の黄ばみを除去するには、通常のケアにホワイトニングを追加しないといけません。
ホワイトニングは歯医者・自宅の両方でする方法があります。
それぞれの方法を紹介するので、自分に合うホワイトニングケアを見つけて下さい。

<歯医者でするホワイトニング・クリーニング>

歯医者で施術を受けるホワイトニングのことを「オフィスホワイトニング」と言います。
濃度の高い薬剤を使用し、専用の光を歯に1時間ほど当てるだけで約半年持続する白い歯に生まれ変わります。
効果のでるスピードが速く、歯医者に行くだけですべてやってくれるのでとても楽ですよね。
しかし料金が1回約5万円と高く、半年持続するといってもなかなか簡単にできる金額ではありません。
歯医者にいくのが煩わしいという人にも向いていませんよね。
一方歯のクリーニングは表面の汚れや歯石を取ってくれる口内の掃除の役割をしています。
虫歯予防にもいいと言われ、料金も1回3000円~10000円ほどで受けることができます。(保険が適用されるかで値段が大きく変わります)
しかし元の歯以上に歯をキレイにすることはできないので、ホワイトニング効果よりも黄ばみ予防と考えるのがピッタリです。

<自宅でするホワイトニング>

自宅でホワイトニングをする方法は、「ホームホワイトニング」と「ホワイトニングジェル」の2種類あります。
ホームホワイトニングは、自分の歯型にあったマウスピースを歯医者で作り、自宅でマウスピースの中に専用の薬剤を入れて歯に装着させます。
濃度の低い薬剤なのでマウスピースは1~2時間つけておく必要があります。
だいたい2~3週間ぐらいで効果を実感できるほどまで白くなり、持続期間は約1年ほどです。
費用はオフィスホワイトニングに比べると半分以下になりますが、毎日2時間ほど拘束されるのと、装着し忘れると効果が出ないので続ける力がある人じゃないと向いていません。
一方、ホワイトニングジェルは、歯磨き後に1~2分軽くブラッシングするだけでOKです。
歯の汚れを浮かして分解する効果があり、頑固に着色している黄ばみも回数を重ねるとどんどん落ちていきます。
歯茎をキレイにしたり、口臭を予防する成分も含まれているのでホワイトニング以外の改善も期待できます。
だいたい2週間ほどで効果を感じることができ、続けることで白さを持続できるのも嬉しいですよね。
値段も1万円以下のものが多く、試しやすいのも特徴です。

<歯磨き粉>

歯が白くなる歯磨き粉も販売されていますが、歯磨き粉には歯を傷つける「研磨剤」や泡を出して歯を磨いたように錯覚させる「発泡剤」が含まれています。
歯をゴシゴシ磨き続けると歯の表面が削れてしまい、ホワイトニング効果が感じられなくなってしまいます。
中にはエナメル質を修復してくれる「ハイドロキシアパタイト」が入っている歯磨き粉もあるので、歯を傷つけない歯磨き粉を選びましょう。

一番効果的なのは、黄ばみを予防しつつ毎日ホワイトニングすること

いくらホワイトニングをしていても黄ばみの原因を予防しないと汚れは蓄積されていきます。
ホワイトニングの効果を出すためには、食べ物や汚れの元を我慢することも大切なのです。
このように毎日汚れは歯につくものなので、自宅で簡単にできるホワイトニングジェルはとても便利ですよね。
蓄積される汚れをその都度落としていくので、黄ばみもどんどん抑えられていきます。
1回で効果がでるオフィスホワイトニングも魅力的ですが、値段も安く継続して行えるホワイトニングジェルで歯の黄ばみを予防しましょう。