ヘビースモーカーとは?基準は何本以上?

ヘビースモーカーとは1日に2箱(約40~50本)のタバコを吸う人のことを言います。
最近はタバコの吸える場所が限られていますが、それでもタバコを吸う人は多いですよね。
駅やお店の喫煙スペースがいっぱいになっているのを見たことがある人もいると思います。
タバコは歯にヤニをつけたり、煙が周りにも迷惑をかけたり、身体にも悪影響です。
悪いイメージと捉える人が多く、清楚な芸能人がタバコを吸っているとショックを受けたりしますよね。
でも実際は、役柄のためにイヤイヤ吸っている人も多かったりします。

それでは、どのような芸能人がどんなタバコを吸っているのかをまとめたので紹介します。

ヘビースモーカーの芸能人・有名人まとめ

【俳優】
藤原竜也…クール
小栗旬…アメリカンスピリット
松平健…ラークメンソール
織田裕二…アメリカンスピリット・マールボロ・シガリロ(葉巻)
高橋克典…マールボロライト
竹野内豊…マールボロライト

【女優】
成海璃子…ハイライト
北川景子…セブンスター
小泉今日子…マールボロ・セブンスター
桃井かおり…セブンスター
松たか子…ベヴェルフレアーメンソール
広末涼子…キャスターマイルド
ともさかりえ…キャメル

【ミュージシャン】
後藤真希…セブンスター
椎名林檎…ハイライト
浜崎あゆみ…マールボロメンソール
長瀬智也…マールボロ
木村拓哉…ラッキーストライク
中居正広…CABIN MILD
二宮和也…COOL
松本潤…マルボロメンソール
相葉雅紀…セブンスター
大野智…不明
玉森裕太…マールボロ
藤ヶ谷太輔…マールボロメンソール
稲葉浩二…フィリップモリス・スーパーライト
布袋寅泰…マールボロライト

【アスリート】
松井稼頭央…マールボロ
坂本勇人…マルメンライト
ダルビッシュ有…不明
工藤 公康…不明
中村紀洋…マルメンロング

【お笑い芸人】
明石家さんま…アメリカンスピリット
志村けん…マイルドセブン
高田純次…バージニアスリムライト
木梨憲武…ラークマイルド
浜田雅功…マルボロライト
矢部浩之…アメリカンスピリットライト
加藤浩次…マイルドセブンスーパーライト
徳井義実…マールボロメンソール
後藤輝基…マールボロ
宮川大輔…アメリカンスピリット
川島明…セブンスター

ヘビースモーカーのリスク

タバコは「百害あって一利なし」と言われるように、リスクがとても多いです。
吸い続けているとどういう症状が起こりやすいのか紹介します。
・皮膚病
タバコを吸わない人にも表れる症状ですが、タバコを1日に1箱吸う習慣が10年未満という人は、症状が起こるリスクが20%高くなります。
そして10年以上だと60%に上がり、皮膚に影響の出るリスクがとても高くなってしまいます。

・歯、指、爪の黄ばみ
タバコに含まれる「ニコチン」は歯だけでなく、指や爪まで黄色く変色させる作用があります。
歯はホワイトニングをすれば少しは白くなりますが、指や爪は変色してしまうとなかなか元に戻りません。
人目に付きやすい場所なので、変色したままだと清潔感が感じられなくなってしまいますよね。

・シワやクマ
タバコを吸うと肌をキレイに保つ血流の循環が悪くなり、肌トラブルが起こりやすくなります。
そのため老化を加速する作用があると言われているのです。
またジョンホプキンズ大学の研究で、タバコを吸う人は吸わない人の4倍も寝不足になりやすいと発表されました。
血流が乱れ肌の調子が悪くなり、寝不足も重なると、シワやクマができやすく、疲れたような顔に見えてしまうのです。

・ガン
タバコを吸うと肺がんになりやすいと言われていますが、実は肺がんだけでなく全てのガンになりやすいのです。
口腔・咽頭・喉頭がん以外にも、胃・大腸・子宮頚部のがん・白血病もたばこが危険因子になっています。

・運動能力の低下
タバコの煙は肺の細胞を破壊する働きをするので、酸素を身体に取り込む能力が低下します。
そうするとすぐに息切れをして長距離を走れなくなったりするのです。
またタバコに含まれる「ニコチン」は、脳や神経を激しく興奮させる働きがあり、ヘビースモーカーのようにタバコを吸い続けている人は、タバコがないと興奮しない脳になってしまいます。
筋力や瞬発力も低下してしまい、運動能力に大きな悪影響を及ぼす可能性がとても高いです。

・子どもへの影響
妊娠中にタバコを吸い続けていたり、副流煙を吸っていると流産・早産のリスクが上がります。
乳児突然死症候群も4~5倍起こりやすくなるのです。
低体重で生まれてきたり、知能や発育にも影響することもあります。

・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
別名「たばこ病」とも呼ばれる病気です。
タバコの有害物質である煙を吸い込むことで気道や肺胞が傷つき、咳や痰が止まらなくなったり、激しい息切れで階段を登ることも出来なくなってしまいます。
症状が悪化してしまうと、日常生活もできなくなり、最悪の場合は死に至ることもあります。

ヘビースモーカーが禁煙するコツ

禁煙はやめようと思った日から始めることが大切です。
徐々に本数を減らしていくというやり方は、ニコチンを絶つことが出来ていないので失敗する確率が高いです。
吸いたくても吸えなくなるように、タバコやライターを禁煙すると決めた日にすべて捨ててしまいましょう。
最初の2~3日から2週間ほどイライラしたり、眠気・頭痛がひどい禁断症状が表れます。
そのためにタバコの代用になるものを見つけておきましょう。
例えば、朝タバコを吸う習慣がある人は、タバコの代わりに歯磨きをするなど、タバコを吸っていた習慣を何か他の習慣に変えてしまうことで脳の意識も変わっていくのです。
顔を洗ったり、深呼吸したり、身体を動かすのもいいですよ。
特にお酒を飲むとタバコを吸いたくなる人が多いですが、飲み会でタバコを1本吸ってしまうとその時点でニコチンが身体に吸収され、今までの努力が水の泡になってしまいます。
なるべく飲み会に参加しないか、参加してもタバコを吸う人の近くには座らないようにしましょう。
またタバコを吸いたくなったら氷を食べるなど、ここでも代わりになる習慣を見つけておくと安心です。

身体のことを考えてタバコをやめましょう

タバコは皮膚病やガンを発生させやすくするだけでなく体力低下にもつながり、日常生活に支障をきたすところまで悪化する危険性もあります。
また、副流煙が出るので自分だけでなく周りの人にまで迷惑をかけてしまいます。
自分のことや周りのことを考えると絶対にやめた方がいいですよね。
タバコをやめるのには強い意志が必要だと思っている人も多いと思いますが、禁煙するコツもあり、禁煙をサポートする環境は充実しています。
タバコ臭いと言われなくなるように今すぐ禁煙を始めてみましょう。